時は銭づらぁ FX
SAXO系がメインのスワップ派
*** ***
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユーロ/米ドル、狭いレンジで動いてますね。

EURUSD

EUR/USD、ここしばらく狭いレンジで動いてます。12月に一気に下がってきてから上値が重いです。同じように下がってきた豪ドルは、あっという間に戻しました。ユーロも弱いけどドルも弱い。ドル安なのかドル高なのか、はっきりしない事をなんとなく象徴しているような気もします。
しばらく1.43~1.44あたりをうろうろしてくれるとおもしろいのですが、いずれはどちらかに大きく動くと思うんです。なんとなく下に行くときは危機的な状況のような気がしますが・・・・。

週末の米雇用統計はあまり良くはなかったようなので、利上げはしばらく無理でしょう。そしてドル安継続なら上に行きそうなもんですけど、実はユーロ圏の失業率もまったく同じ10.0%です。かなり悪いです。一応、ユーロ圏というのはEUに加盟していてユーロを導入している国(16カ国)ということです。なんか今年はユーロから脱落する国もあるかもしれないという見方もあるそうなんですが、長ーい目で見ればユーロが強いという気はしますけどね。うまくいかない可能性もあるのかもしれませんが、本当にすごい事をやっているとおもいます。

ちなみにFXで取扱いのあるEU加盟国の失業率ですが、ハンガリーは10.8%、ポーランドが8.8%、そしてデンマークとルーマニアは7.2%です。

ルーマニアはEU加盟国のなかでは、なかなかいいほうですね。イギリス、ドイツよりもマシな数字ですよ。

主要通貨で今年一番下がるのはユーロだ、という記事もありましたし、じゃあドル高ですか?、というとそれもなんか違うような気がしますよね。では円高でしょうか?、それもどうですかね~。^^;

SAXO系 SVC Trader

なんか含み損がなくなってます。豪ドルがあっという間に上昇したことと、トルコリラもすこしづつ強くなってきている。
先月のフィッチに次いで今度はムーディーズが格付けを引き上げてくれたことも、プラス材料ですね。

 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。