時は銭づらぁ FX
SAXO系がメインのスワップ派
*** ***
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユーロ/豪ドル、また売ってみる?
ユーロ/豪ドルのチャート画像  ユーロ/豪ドル

意外にユーロ下がりません。リスク回避っぽい動きではあるんですけど、ユーロ、ポンドなどは逆に相対的に強いです。
考えようによっては投機ポジションを手仕舞う動きだとすれば、辻褄が合うような気はしますけど、実際のところは分かりません。

ただ最近はユーロの金利が上がっていることや、ユーロ圏の通貨に対しては上がっていたことも、もしかしたら関係あるのかもしれません。具体的にはEUR/HUFEUR/RONEUR/DKKなどそれぞれ事情はあるものの、どれも上がっているようです。
上がっているということは、ユーロが上がっていて右側のマイナー通貨が下がっているということです(念のため)。

HUF(ハンガリーフォリント)、ハンガリーで政権交代、財政赤字を粉飾してたかも~と、実にいいタイミングで発表してくれました。その後も対ユーロでは下がってますが、おそらく、自国通貨を切り下げることを望んではいないけども、状況はあまりよくないようで、資金が徐々に逃げているのでは?。

RON(ルーマニアレウ)、確かハンガリーもそうだったと思うんですが、ユーロとの管理フロート制で、ある程度値動きが抑制されるんじゃないかと思いますけど、先週末のように、『緊縮財政措置に違憲判断』とかいうネタが出てくると、かなりの値動きを見せてくれます。金利はそこそこ高いし、そろそろ売ってみたい水準ですけど、今の状況は微妙ですよね。^^

DKK(デンマーククローネ)ユーロペッグ。あまり値動きの無い通貨ペアなんですが、それを利用して高いレバレッジをかけて運用する方たちもいるんです。最近急に上がりだしたことと、ユーロの金利上昇の影響を受けているようです。マイナススワップ1万円越え(>_<)

あまりメジャーなニュースには載ってこないですけど、微妙に影響しているのかも。あらためて売るならやっぱりユーロなんじゃないの、という気がしますけど、いかがでしょうか。

ドル円が87円台なんで、クロス円を買うのも悪くないという気持ちもあるんですけど・・・・
スポンサーサイト
二番底の不安
上がるのか下がるのか、注目すべきユーロ。
そろそろ上がると見る向きもありますし、まだ下がるという見方もあります。

おもにテクニカル的な見方、かな
ユーロの反発は本物か? ニセモノか?~ (ザイFX!

確かにユーロドルの月足チャートを見た印象は下げかな~とは思います。でも危機を脱し、世界経済の回復が本物だとするなら、さらにドルが上昇するというのは違和感があるような気はする。

逆に、気のせいかもしれませんが、景気は二番底に向かっていて、リスク回避全開という動きになるなら、ドルが買われて、ユーロドルも大幅に下落という可能性はある、かもしれないと思うんですけど。^^;

ユーロが反発するという話には、気のせいか、あまり説得力を感じないものが多い。下がりすぎたから上がるハズとか、ファンダメンタルは関係ないとか、そんな理由しかないのでしょうか。

ユーロは消滅すると言っていたジム・ロジャース氏も、それはずっと先の話で今はユーロは買いと言ったらしいのですが、それだって分かりませんよ。しばらくしたら、ユーロの反発を試しただけさ~とか言うかもしれませんし。

そう、私自身はユーロはまだ下がると思ってるんですけど、もちろん信じないほうがいいです。いや信じないでください。^^

おまけに気になった記事をいくつか
  1. 米失業保険受給資格の延長法案が頓挫
  2. 壊滅状態の証券化市場G20首脳にジレンマ
  3. 債券の王者、株式の世界に乗り出す
米失業保険の法案の話は結構やばそうな気がします。廃案が確定したのか良く分かりませんけど。
三番目のは、PIMCOビルグロース氏って聞いた事ぐらいはあるんじゃないかと思うのですが、FXとは直接関係ないかも知れませんけども、なんというか世の中の変化みたいなものを示唆していることの現れ、かもしれないともおもうんですけど、いかがでしょうか。

サブプライム、リーマンショックを経てたぶん世の中は変わった。何事も無かったことにはならないし、もう元には戻らないのかもしれません
ちょっと悲観的すぎる、かな?。


ユーロ/豪ドルのチャート
 Hirose
ユーロ/豪ドルだと底のような感じも・・・
ポンドがちょっと強いのよね
GBPCADは利確できたけど・・・
やっぱり下がるのか、ユーロ
EUR/USDチャート  Hirose

ユーロドルもここまで下がると、ドルと等価になるというのも、まんざら
ありえない話でもないような気がしてきたんですけど、いかがでしょうか。

ただ、通貨先物ポジションなどは、豪ドル、カナダドルの買いポジは
だいぶ減ったものの、ユーロとポンドの売りポジションはまだ大量に
残っているのは、気にはなるんですが、でも悪材料はいっぱいあります。

ハンガリーで政権交代して、なんかギリシャと似たようなことを
言ってるようなんですが、本当にせよ、ちょっと大げさに言ってしまった
だけにせよ、ひどい話ですね。
基本的に政治家ってアホちゃう?
日本の政治家もどうもいまいちと思うことが多いが、民主主義ってそう
いうもんなんでしょうか。

そして、フランス首相が「ユーロとドルが等価になることは良い
ニュースと見ている」と発言したらしいのですが、やっぱりそれが
本音かよ~、と思ったのは私だけ?

IMFで資金が足りないという話もありました。
どういう影響がでるのかまだ良くわかりませんけど、なにごとにも
限度はあるのかも。

長い目で見ればユーロは上がり続けてきたわけで、下がる余地は
まだまだあるようにも見える。ペースはちょっと速いけども、この際
行き着くとこまで、逝ってしまえ~。^^

えっ、ユーロ反発?
EURAUD Hirose

豪ドルの下げは凄かった。
ずーっと下がり続けていたユーロ豪ドルが大幅に上がっている
ではあーりませんか。

いわゆるリスク回避の動きが終わった、とは思えないのですが
とりあえず売ってみました。

GBPCADなどという通貨ペアを買っているので、そんなに問題
はないと思うのですが・・・。
おおむね似たような動きをしていたし、ユーロポンドもそろそろ
下がってきそうな感じがする。
AUDCADもずいぶん下がってきたので、反発するのでは?

みたいな事を考えてポジってみたのですが、ちょっと分かり
ずらいでしょうか?。まあいいや。^^

ユーロがもし底打って反発するなら、USDRONなんかも面白いん
ですが、まだ底打ったとは思えません。

そして今度こそ、カナダドルが大幅に下がる番なんじゃ
ないかな~と勝手に期待。というか願望です。^^

そしたら、またユーロが売られるんじゃないかな~と思っているの
ですが、思った通りに動いてくれれば楽なんですけど。

ギリシャ危機はなぜ起こったのか~
ギリシャ危機はなぜ起こったのか~ その2

最近読んだ記事では一番かなと思える
まあ読んでみてください。
USDRON損切りしました
もうユーロ反発に期待するのは、あきらめました。
やむをえず、USDRON 損切り。4万以上のマイナスです
これは連休中の取引だったのですが、週末のクロス円
の動きはなんなんだ~。

それはそうと、ユーロが一応、反発しそうな材料は出てきたのですが、
あまり関係ないような気がする。
  • 金融安定化メカニズム導入で合意
  • ユーロ圏各国ギリシャに対する支援を正式に承認
反発しても、良さそうな材料ではあるんですが、ギリシャだけの
問題なら、そもそもこんなにさわぐ必要はないはずなのに、この有様。

問題を先送りしただけで、何も解決されないかも。

長い目で見ればユーロが強いと思っていたのですが、それもマチガイ
なのかもしれません。

実はユーロそのものがバブルだったんじゃないでしょうか。

発展途上の国を取り込むことでバブルを発生させ利益を得てきたが、
それももう限界で、はじけてしまうと、もうどうしようもない状態。

どちらかというとユーロ反発には期待していた方なんですが、
上がったら売ってやろうと思う今日この頃です。

短期的には少し上がりそうな感じはしますけど。

カナダドル円チャート
  Hirose
だいぶやられてしまいました。Orz
クロス円下がったところで買って上がったら売れば・・・
言うのは簡単なんですが。^^;

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。