時は銭づらぁ FX
SAXO系がメインのスワップ派
*** ***
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SAXOで行こう

 SVC証券の口座です(SAXO系

スワップ目的で高金利通貨を買う場合、やはりSAXO系がおいしい。それは含み益に対して資金調達金利という利子のようなものが付くからです。資金調達金利というのは、含み損益を業者が貸し借りするときの金利で、スワップに上乗せされます(含み損の場合はスワップ減少)。つまり含み益が増えれば増えるほど、スワップが増えてしまうわけです。それと以外の通貨で買うことで、トルコリラといえども幾分値動きがおとなしくなると思います。実際、円売り高金利通貨買い、というのは、かなり値動きが激しく、深追いは禁物です。

今年は、アストマックスやトレイダーズ証券など、SAXO系業者の事業停止や、取扱い中止などが続いているためそれなりの覚悟は必要かも知れません。

SVC証券 は、社名がDMM.com証券に変更されるようです。DMMってなんか聞いた事あるような気がしますが、詳細は不明です。良いニュースなのかも微妙ですが、スワップは含み益です。

ヒロセ通商 は、4種類の取引システムがあり、そのなかのHiroseTraderSAXO系になります。スワップは含み益です。

カカクコム・フィナンシャルKaKaKu FXプレミアムは、金、銀まで扱えますがスワップは確定益となります。

上田ハーローGold は、FXではないのですが、金を売って豪ドルを買うポジションでスワップをもらえるようです。しかも、SAXO系のシステムでスワップは含み益。資金調達金利も付きます。

スポンサーサイト
資金調達金利の威力

svctry000s

 これはあくまで目安です。実際はスワップが日々加算されますので、取引レートが変わらなくても、含み益が増えていきます。そして含み益に対して資金調達金利による利子が付くわけです。もちろんこの利子も含み益になります。これは、「 トルコリラ/円 」じゃあだめなんです。右側の通貨が高金利でないとだめです。それと、別にスワップが確定益でも、その分で新たにポジションを増やせばいいんじゃないのかと思うかもしれません。しかし、それではだめなんじゃないかと、私は思います。なぜならその方法だと、いつまでたっても為替の変動リスクがなくならないのではないか、と思うからです。ある程度時間がたてば、為替の変動さえも気にならなくなるものが理想だとおもうのです。

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
中東市場とは

なぜスワップが4日分まとめてつくのか、前から疑問に思っていたのですが、中東市場では金曜日は休日なのだそうです。で土日も休みで3連休ではないんですね。休みじゃないということは、土日も取引されているということのようです。欧米などの金融機関は休みなので、われわれ個人投資家も休めるわけですが、当然値動きはあるでしょう。だから月曜に窓が開いたりすんのかー、などと思ったのであります。未来レートとよばれているそうです。あんまりスワップ派には関係ないかもしれないですが、ヒロセ通商、カカクコムでは月曜朝の3時とか4時から取引可能らしいです(シドニーの月曜日午前5時を基準)。知らなかった、どこも同じで6時ぐらいだろうと思ってました。まだまだ勉強しないといけないと思う今日この頃です。いつかは遊んで暮らせるように・・・

 

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
またSAXO系から撤退

またSAXO系から撤退する業者がでてしまいました。トレイダーズ証券からメールがきました。平成21年7月4日(土)午前6時をもってNFXプロの取扱い終了とのこと。残念なことです。一応他のSAXO系業者も紹介しておきます。

  • トレイダーズ証券        確定益
  • カカクコム・フィナンシャル   確定益
  • セントレード           確定益  信託保全なし
  • アドバンテックス         不明   信託保全なし
  • プロテックスオフィス  なんと含み益  信託保全なし

国内のFX業者としてはこれだけだと思います。( たぶん ) アドバンテックスだけは、ホームページを見てもわかりませんでした。(含み益かも?)。できれば、がんばって信託保全ぐらいはしてほしいです。

カカクコムは、金と銀を通貨ペアみたいにとりあつかえるみたいです。

アドバンテックスは為替オプションを扱っているようです。SVCと同じかどうかは不明です

プロテックスオフィスはスワップが含み益であることが判明。しかもアイスランドクローナを扱っているみたいです。ほんとかよ。ホームページを見ただけで未確認情報です。

アストマックスがSAXO本社に譲渡されるということで、どうなるかまだわかりませんけど、ちょっと楽しみではあります。

 

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
SAXO系つづき

昨日の続きで、またすこし長くなるかもしれません。

まず、スワップが含み益となるSAXO系システムの業者は2社しかないと思われます。

  • ヒロセ通商 Hirose Trader
  • SVC証券    SVC-Trader

それぞれに良さがあります。ヒロセ通商は、SVCよりスワップやスプレッド、証拠金率が好条件の通貨ペアがあります。またホームページも見やすく、スワップの表示も円に換算されたものと、変化するレート、何日分か、と、非常に見やすいのです。SAXO系のなかでは一番だと思います。さらに過去数年分のスワップまで見ることができるのです。

SVC証券は、ヒロセと比べると少し条件も悪く(ほとんどは同等)スワップの表示も見ずらいなど、まだまだなところもあるのですが、FXオプションフォワード取引など、いままで個人が手を出せなかったようなものまで、同じシステム同じ口座)で取引可能と他社にはないメリットがあるのです。さらに口座は別ですがCFDも同じシステムで取引可能とのことでした。(CFDは未体験問い合わせのみ)

このふたつの業者だけは倒れてほしくないのです。そしてスワップ派の方は、口座を開設して損はないと思うのであります。

 

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。