時は銭づらぁ FX
SAXO系がメインのスワップ派
*** ***
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メキシコについて少しだけ

米雇用統計の結果は予想より良かったとの事です。私はユーロドルの値動きを見ていて、ドル高なのかと思ったのですが、いわゆるリスク回避の流れとは違うようで、ドルが全面的に高いわけでもないようです。どのように解釈するべきなのか、まあ、ようやくトルコリラも強くなってきたような気もするので結果オーライということで。

今日はメキシコについて少しだけ書きます。人口は約一億ほどでGDPでは世界第13位。なんか意外ですね。ちなみに14位はオーストラリア、トルコが17位です。メキシコは産油国でもあり、ぺメックスという国営企業が石油事業を行っているようですが、あと十年ぐらいで枯渇すると言われています。

経済的にはアメリカに依存している感は否めませんが、日本との関係もそれなりに深く、多くの日本企業が進出していて、自動車、家電品製造など工業も発達しています。代表的なところで日産が古くから現地生産をしていて複数の工場を持ちアメリカなどに輸出を行っているようです。

また、インフルエンザの影響であまり良くないイメージがありますし、実際貧富の差は激しいようですが、思ってたよりも悪くないかなという印象です。国連の非常任理事国にも選ばれたりしてるんですよ。

たしか先月、政策金利を0.25%引き下げ、4.50%になりましたが、これ以上の利下げはしないらしいので、もう少しポジを増やしてみようかと思ってます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。