時は銭づらぁ FX
SAXO系がメインのスワップ派
*** ***
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二番底の不安
上がるのか下がるのか、注目すべきユーロ。
そろそろ上がると見る向きもありますし、まだ下がるという見方もあります。

おもにテクニカル的な見方、かな
ユーロの反発は本物か? ニセモノか?~ (ザイFX!

確かにユーロドルの月足チャートを見た印象は下げかな~とは思います。でも危機を脱し、世界経済の回復が本物だとするなら、さらにドルが上昇するというのは違和感があるような気はする。

逆に、気のせいかもしれませんが、景気は二番底に向かっていて、リスク回避全開という動きになるなら、ドルが買われて、ユーロドルも大幅に下落という可能性はある、かもしれないと思うんですけど。^^;

ユーロが反発するという話には、気のせいか、あまり説得力を感じないものが多い。下がりすぎたから上がるハズとか、ファンダメンタルは関係ないとか、そんな理由しかないのでしょうか。

ユーロは消滅すると言っていたジム・ロジャース氏も、それはずっと先の話で今はユーロは買いと言ったらしいのですが、それだって分かりませんよ。しばらくしたら、ユーロの反発を試しただけさ~とか言うかもしれませんし。

そう、私自身はユーロはまだ下がると思ってるんですけど、もちろん信じないほうがいいです。いや信じないでください。^^

おまけに気になった記事をいくつか
  1. 米失業保険受給資格の延長法案が頓挫
  2. 壊滅状態の証券化市場G20首脳にジレンマ
  3. 債券の王者、株式の世界に乗り出す
米失業保険の法案の話は結構やばそうな気がします。廃案が確定したのか良く分かりませんけど。
三番目のは、PIMCOビルグロース氏って聞いた事ぐらいはあるんじゃないかと思うのですが、FXとは直接関係ないかも知れませんけども、なんというか世の中の変化みたいなものを示唆していることの現れ、かもしれないともおもうんですけど、いかがでしょうか。

サブプライム、リーマンショックを経てたぶん世の中は変わった。何事も無かったことにはならないし、もう元には戻らないのかもしれません
ちょっと悲観的すぎる、かな?。


ユーロ/豪ドルのチャート
 Hirose
ユーロ/豪ドルだと底のような感じも・・・
ポンドがちょっと強いのよね
GBPCADは利確できたけど・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。