時は銭づらぁ FX
SAXO系がメインのスワップ派
*** ***
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スワップ派のこれから

USD/JOD ( 米ドル/ヨルダンディナール )    ドルペッグ通貨

10万通貨( 必要証拠金20万円 ) スワップ一日約610円  4月28日現在

口座残高27万円 ヒロセ通商

資金効率はそこそこ良いのではないかと思うのですがいかがでしょうか。ヒロセ通商に確認していた資金調達金利は、1.95%で間違いないとの回答を得ました。含み益と含み損では金利が異なるとの事でした。2%弱では物足りないような気もします。さすがにEUR/DKKのハイレバ運用には現状ではかなわないですね。他の通貨ペアとも比べてみますと、

ランド円との比較では、たとえばフォーランドでの場合

20万ランド( 必要証拠金10万円 )、スワップ一日約560円

タイミングが重要ですね。円高の恐怖と円安になると利食いの誘惑に耐えないとスワップをもらい続けることはできません。ハイリスクハイリターン型だと思います。円安になったらかなりの為替差益が期待できそうですが、最低でも50万ぐらいはないと安心できないような。

米ドル/トルコリラとも比べてみます。

USD/TRY  2万通貨( 必要証拠金約16万円 )、スワップ一日約460円

資金調達金利を有効に使いたい通貨ペアなのですが、その場合やはりタイミングが重要で、それでも含み損がある程度(スワップ半年ぶんとか)出てしまっている場合は、潔く損切りしてポジションを建てなおす必要があります。やはり50万ぐらいはあったほうが無難だとおもいます。

レバレッジ規制が実施された場合はどれが理想なのか、いまから考えておくのもいいかもしれません。私はもちろん反対ですが。

 

にほんブログ村 為替ブログ マイナー通貨へ にほんブログ村 為替ブログ FX スワップ・長期投資派へ
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://fxblog4753.blog42.fc2.com/tb.php/28-11b407bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。