時は銭づらぁ FX
SAXO系がメインのスワップ派
*** ***
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
週間報告、ヨルダンとか

USD/JOD (米ドル/ヨルダンディナール)は、今月に入ってからは、スワップが安定しています。今週のスワップは先週と変わらず約4200円ぐらいでした。(ヒロセ通商のHiroseTrader)。

それと昨日、EUR/DKK10万通貨追加しました。(FXOnline)今日のスワップは350円でした。スワップが確定益なので証拠金が増えていくのですが、SVC証券とかHiroseTraderに慣れてしまうとなんか違和感が。でもそれが普通と言うか主流なのかもしれませんが、この資金効率は凄すぎる。あと10万通貨追加します。

現在の保有ポジです

通貨ペア

 

1日スワップ

証拠金

含み益

確定益

USD/JOD

10万通貨

約600円

27万

約8千

 

USD/TRY

5千通貨

約130円

12万

約6万

 

EUR/DKK

20万通貨

350円

10万

約0円

1402円

 

合計

約1080円

49万

  

今週は円高でしたが、来週はドルが買われるのかどうかを個人的には注目していきたいと思います。

コメント
コメント
こんばんはー

教えていただいたホームページよりヨルダンの金利動向やインフレ推移などを見てみました

金利は2005年8月よりの時系列データがありましたので推移を見ましたが、現在が最も低金利状態なのですね

米国との金利差はとっくに逆転しているのに安定してスワップが付くようになったのは3月下旬からなので、その要因がまだ解りません

またインフレーションの高進が顕著なようですが、金利を上げにくいといったジレンマ状況にあるようですね

米国安のトレンドは今後もまだ継続すると私は考えておるのですが、そうなるとペッグ制を維持するためには通貨切り下げも選択肢に入ってくるのではないかと推定します

しかし、金利差とスワップ額の関係においてきれいな相関関係が成立していないことが気になりますね

まずその要因分析が必要ですね
2009/05/17(日) 21:18:16 | URL | ryu #- [ 編集 ]
どうもこんばんわー

私も長期的に見ればドルが下がっていくだろうとは思います。
産油国ではないヨルダンという国にとってドルペッグであることに、どれ程の価値があるのか、私には分かりません。資源がない以上、せっせと働き何かを作るなり、何らかのサービスを提供するなりしていかないと、発展できないだろうなとは、思うのです。そういったこととスワップの安定は全く無関係なのでしょうか。まあ急にスワップが付き始めた理由が、どうしても説明できませんけど。
2009/05/20(水) 00:30:44 | URL | ジンゼイ #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://fxblog4753.blog42.fc2.com/tb.php/38-484b496c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。