時は銭づらぁ FX
SAXO系がメインのスワップ派
*** ***
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ユーロ上昇できるのか!
 Hirose

今度こそ、ユーロ上昇できるのでしょうか。また少し戻しては
大きく下げるパターンを繰り返すんじゃないだろうか。
週末にだいぶ上げましたけど、百歩譲って半信半疑ぐらい。

個人的には、まあユーロ上がれば有難いのですが、
なんというか、もっと危機的な状況にならないとカナダドルも
結局下がらないような気もするし。^^;

GSショックもいまいちで、カナダドルがもっと下がることを期待
していたのですが、あっという間に戻してしまいました。
でも、この件はまだ終わってはいないと思いますし、
下がる可能性はそれなりにあると思いたいのですが・・・
まだなんか出てくるのを期待しましょう。

もう少しユーロが上がりそうなら、少し買ってみたいのですが、
私の場合どうしてもクロス円は相性が悪いようなんです。^^

あらためてユーロ円チャートを見ると、ユーロでさえも底打ってる
ようにも見えるのですが、他の通貨で見るとちょっと戻した
だけに過ぎないと思う。ユーロドル、ユーロカナダ然り

上がって欲しいのはユーロドルなんですよ~。
もし、ユーロカナダが上がるなら本物かな、とも思う。

今週は、ユーロドル、ユーロポンドあたりをストップ入れて
買ってみようかと思ってはいるのですが・・・。
底を打ったかは、まだまだ微妙だと思います。
ユーロ、そろそろ上がるかな?

いま、気になってるのは、やっぱりユーロです。ユーロがこのまま下がり続けるとは思えないのですが、少し長い目で見れば、上がり続けてきたとも言えるわけで、逆に下げる余地が、まだまだあるのかもしれません。

それと、意外なことに米国が公定歩合引き上げを発表。でも金融引き締めではない、とも言っている。

もともと米国では、公定歩合とFFレートの差が1パーセントあるのが普通で、0.25しかないのは異常だということらしいです。

ドルキャリー終了でドル高?、じゃあユーロは・・・

ドル円週足チャートの画像

とりあえず、ドル円もまた、微妙なところまで来ている、と思うのですが、今度こそ上にいけるか、注目しましょう。

本当にドルが上がるのか?、どうも信用できないでいるのですが・・・・

こんなことをいう方もいます。

米利上げで、円安になり、日本株が上昇する

そんなうまい話があるんでしょうか~。^^

GBPZARチャートの画像

GBPZARが下がっているので、やれやれと言ったところ。

とりあえずユーロが底うって上昇するなら、USDRON、さらに売ってみたいと思っていたのですが、最近はスワップが少なくなっているので、微妙なところです。トルコリラ、南アフリカランドと比べてもスワップが安定しないようです。

そもそも口座に余裕がないのですが・・・。^^;

最後に、S&Pもトルコ格上げとのこと。フィッチ、ムーディーズに続いてのもので、今年こそはトルコリラの上昇が期待できるかもしれませんね。^^

まさかユーロショック?、どこまで下がるのさ~

なかなかユーロが下げ止まりせん。私は基本的に逆張りなのかもしれませんが、そろそろ反発しても良さそうに思うのですがいかがでしょうか。

ユーロドルにしても、リーマンショックのときの水準まで果たして下がるのでしょうか。あの時はかなりのドル高でしたが、今はたいしてドル高でもない状況で、ここまで下げているのは、まさにユーロショックといっていいのかもしれません。

ピッグスとかユーロフォビアとかいろいろ言われてはいますけど、なにもそんなに悪いとこだけ見なくても、と思うのですが・・・。

同じような考えの方も、なかにはいらっしゃるようで。

FX日記~低レバでナンピンFX (coraさんの記事)

SVC Trader口座の画像  SVC Trader

ユーロ豪ドル、いったいどこまで下がるのかわかりませんけど、この際、何回かに分けて買い下がってみようかと思う。ただしスワップがマイナスなので、あくまでコールオプションで対応してみるつもりです。

いまだとユーロカナダのほうが面白そう、もちろん買い。^^

それにしても カナダドル下がらないんですよね~、まったくあきれるほど強いです。おかげでカナトルもマイナスです。

 

ユーロの下落と関係あるわけではない、とは思いますが、新たなペッグ通貨EURLTLの記事です。

リトアニア、ラトビア、エストニア (masaruさんの記事)

 いわゆるバルト三国の通貨ではあるのですが、おそらく最近、FXでの取り扱いが復活したということらしいです。

EURLTLのチャート画像 EUR LTL

スプレッドが意外と狭いし値動きが無いとすれば、面白そうですが、スワップが安定してもらえるかは、まだわかりません。イメージ的には、余分三兄弟ですから。

少し古い情報で、ルーマニアのことを調べていたときのものですが、ユーロ加盟国失業率上位を載せときます

  • 第一位 ラトビア 22.3%
  • 第二位 スペイン 19.4%
  • 第三位 エストニア 15.2%
  • 第四位 リトアニア 14.3%

 

たしかGDPの数字もそのぐらいのマイナスだったと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。